ラーメンと言えば荻窪。やっぱりラーメン激戦区

PAGE
TOP

暮らしやすい!荻窪の街をご紹介

ラーメン激戦区と呼ばれた街・荻窪。
ダシの効いた癖になる味が今でも人気。

荻窪と言えば、元祖ラーメン激戦区して有名でした。当時(戦後)は、めずらしい醤油味の魚介系スープを使っているラーメン屋さんが多かったという事で、まとめて「荻窪のラーメン」と呼ぶようになったようです。今では、昔からあるお店が減り、豚骨醤油やチェーン展開のお店も増えました。
丸信
荻窪ラーメンの代表格「中華丸信」変わらぬ味です。
丸信ワンタン麺辛口
ワンタンメン辛口、コクのある醤油味がたまりません。
人気の「二葉」さん、荻窪にお店を出す時に「何もわざわざ荻窪にお店を出さなくても」と周りから言われたそうですが、今ではすっかり「荻窪ラーメン」の顔になってます。教会通りの本店から上荻店へ移りました。
二葉上荻店
「二葉」上荻店。今や通販でもお店の味が楽しめます。
らーめん花月「嵐」
グロービートジャパンが展開している「らーめん花月嵐」
野方ホープ
平成29年で30周年を迎えた「野方ホープ」
豚骨醤油のこってり
のがほ元(はじめ)のこってり。
荻窪ラーメンの生みの親といってもいいのが「丸長」さん。「丸信」「大勝軒」さんも「丸長」さんからののれん分けがルーツ。丸長さんは、丸信、大勝軒さんなどと丸長のれん会を作って、魚介系ラーメンを守っています。 そして「春木屋」さんも「荻窪ラーメン」の老舗の代表格です。
丸長中華そば店
荻窪ラーメンのルーツ「丸長」
春木屋
老舗の代表格「春木屋」
ねいろ屋
教会通りの「二葉本店」跡のラーメン「ねいろ屋」
丸福
昔あった「丸福」とは違うらしい「丸福」
麺処「鳴神」
鶏の白湯スープと上湯スープで登場した麺処「鳴神」
丸福
鶏の白湯スープ、無化調です。
白山通りに出来た「菊池」さんは、どっかで見たなと思ったら「丸信」の厨房にいた方です。基本は「丸信」さんと同じ魚介系スープで、醤油ベースの「黒」と塩味ベースの「白」と呼ばれるスープが特徴になっています。まさに「荻窪ラーメン」以外の何物でもない激戦区にふさわしい味です。
荻窪ラーメン「菊池」
白山通り沿いのズバリ、荻窪らーめん「菊池」
丸福
ワンタンメン黒丸、癖になる旨味があります。