クラシックファンに親しまれる杉並公会堂

PAGE
TOP

暮らしやすい!荻窪の街をご紹介

日本有数の音響設備。
日本フィルのフランチャイズホール

2006年に建て替えられた杉並公会堂は、旧公会堂時代から日本有数の音響設備を有する公会堂として、クラシックファンにはお馴染みの公会堂でした。新装になったこの公会堂もその伝統を引きついでおり、今でも「日本フィルハーモニー交響楽団」のフランチャイズホールになっています。1階ロビーには施設利用の受付と食事も出来るオープンカフェ風のラウンジがあります。お得なランチタイムサービスもあるのでコンサートや音楽室などの用事がなくても利用してみましょう。2階・3階部分が、大ホール、地下2階には小ホールと休憩も出来るオープンスペースがあります。
杉並公会堂外観
日本有数の音響設備を誇る「杉並公会堂」
杉並公会堂外観
地上3階地下2階建てで大ホールは2階・3階部分
ラウンジ
オープンカフェ風のラウンジ
オープンスペース
地下2階小ホール横にあるオープンスペース。
地下1階には、リハーサルやバンド練習などが出来る大小5個のスタジオも併設してあり、しかも安い、さすが公共施設。(運営管理は民間に委託していますが・・・)世界三大ピアノと言われている「ベヒシュタイン」「スタインウェイ」「ベーゼンドルファー」のフルコンサートピアノが揃っているのは、国内でもここ杉並公会堂だけなんですって。荻窪では「荻窪音楽祭」なる「クラシックイベント」で盛り上がっているのもうなずけます。
2階・3階の大ホール
2階・3階部分の大ホール 客席数は最大で1,190席。
2階・3階の大ホール
かなり立派なホールです。