阿佐谷ジャズストリート、街がジャズに染まる2日間

PAGE
TOP

利便性と自然のバランスが融合した阿佐谷の街をご紹介

ジャズを感じる人と街
阿佐谷ジャズストリート

「ジャズで明るく元気なまちに」をスローガンに始まった阿佐谷の新名物「阿佐谷ジャズストリート」も2018年で24回目。すっかり阿佐谷の風物詩になりました。今や杉並区の後援も得てる一大イベントです。共通パスポートというチケットで入れるパブリック会場と、無料で見られるストリート会場、それにライブハウスやバーなどチャージ料金のバラエティ会場の3種類があり、当初13会場でスタートしたジャズストリートも、今では60会場以上の規模になっています。
ストリート会場
ストリート会場を練り歩くデキシーモダンボーイズ。
パサージュ前のストリート会場
阿佐ヶ谷駅北口パサージュ前のストリート会場。
パールセンターのストリート会場
パールセンターのストリート会場。目の前で生演奏です。
区役所前のストリート会場
杉並区役所正入り口横のスペースもストリート会場になります。
ストリート会場の演奏が夜7時ごろに終わりつつある頃、ライブハウスやバー、ラウンジなどのチャージ料金で楽しめるバラエティ会場が目を覚まし始めます。阿佐谷で人気の一番街にある割烹「にしぶち」。2階のお座敷がライブ会場に早変わり。こうして阿佐谷ジャズストリートの夜は更けて行くのです。
南口駅前のストリート会場
阿佐ヶ谷駅南口噴水前のストリート会場。
南口駅前のストリート会場
暗くなり始めても人だかりです。
阿佐谷中学校のパブリック会場
阿佐谷中学校はパブリック会場。
阿佐谷中学校のパブリック会場
体育館で生徒さん達がビックバンドジャズを披露中です。
新東京会館のパブリック会場
新東京会館のパブリック会場も満員御礼状態でした。
ラピュタ阿佐谷のパブリック会場
ラピュタ阿佐谷のパブリック会場「ザムザ」も満員御礼状態でした。
にしぶちのバラエティ会場
人気の割烹「にしぶち」こちらはチャージ料金のバラエティ会場。
にしぶちのバラエティ会場
2階のお座敷ではビールとおつまみ片手に満席状態です。